日焼け止め の選び方など暮らしに役立つ情報を紹介しています。
モノガイド
HOMEモノガイドとは評価方針お店紹介特集記事ご意見サイトマップ
HOME > その他 > 日焼け止め

 

日焼け止めの選び方

 

年々、紫外線の量が増えるなか、日焼け止めは欠かせないアイテムになり、春先から夏場にかけては、ドラッグストアの店頭などには日焼け止めがズラリと並ぶようになっています。ただ日焼け止めとひとくちにいってもさまざまなタイプがありますので、使用目的や肌質などによって自分に合ったものを選ぶことが重要です。

日焼けの原因となる紫外線は2種類

紫外線は波長の長さによって「UVA(A波)」「UVB(B波)」「UVC(C波)」の3つに分けられます。このうち「UVC」はオゾン層に阻まれて地上に届くことはないので、日焼けの原因となるのは「UVA」と「UVB」の2つです。「UVA」はお肌の奥深くまで入り込んで皮膚がんやお肌の老化の原因となり、「UVB」はお肌を赤くするといわれていて、日焼け止めはこの2つの紫外線を防ぐように作られています。

日焼け止め選びの目安「SPF」と「PA」

SPF」は、「UVB」の防止効果を表した数値です。これは1992年に日本化粧品工業連合会が測定方法の基準を定めたもので、「SPF2」から「SFP50」(SPF51以上の場合は「SPF50+」)の数値で表示されます。数字が大きくなるほど効果は高くなります。

PA」は、「UVA」の防止効果を表した数値です。これは、1996年に日本化粧品工業連合会が測定方法の基準を定めたもので、「PA+」「PA++」「PA+++」のいずれかで表示されます。「+」が多いほど効果が高いことを示しています。

通常、日焼け止めには、「SPF」と「PA」の2種類が表示されていますので、この2つの表示を目安に選ぶといいでしょう。ただし、効果が高くなるとそのぶん紫外線防止成分が多く含まれ、お肌に負担をかけることになります。しっかりと紫外線を防ぎたいからといって、数値が高いものを選びがちですが、使用目的に合ったものを選ぶことが重要です。例えば、散歩や買い物など日常生活であれば、「SPF10」「PA+」、スポーツやレジャーを楽しむ場合は「SPF20」「PA++」、炎天下で過ごす場合でも「SPF30」「PA+++」で十分です。

お肌への負担を考えよう

ただし、「SPF30」以上の日焼け止めになると、紫外線防止効果成分が強くなり、お肌がデリケートな方は、アレルギー反応を起こしたり、かぶれることがありますので、用法、容量を守って使うようにしましょう。また、日焼け止めを使ったあとは、きれいに洗い流すことが大切です。特に最近の日焼け止めは耐水性が高くなったぶん落ちにくくなっていて、十分に洗い流せていないとお肌に負担をかけることにもなりかねません。普通の石けんでは落とせませんので、クレンジング用の洗顔料を使って丁寧に落とすようにしましょう。

最近では、このようなお肌への負担を考え、化学的な成分を少なくしたナチュラルな日焼け止めが増えてきています。特に、赤ちゃん用や子ども用の日焼け止めは極力負担を抑えるよう工夫して作られていますので、お肌への負担を考えるならこのようなタイプを選んでもいいでしょう。

日焼け止めの使い方

SPF」と「PA」は、日焼け止めを1平方cmあたり2mg塗ったときの効果を表したものです。しかし、これはお肌が白くなってしまうくらいの量なので、実際には量が少なすぎて十分な効果が得られないことが多いといわれています。高い効果を得るためには、たっぷりと塗ることがポイントです。また、日焼け止めを塗ったあと、汗をかいたりタオルで拭いたりすると、日焼け止めが取れて効果が減ってしまうことがあります。海やプールで泳いだり、スポーツをするときなどは、こまめに塗り直して効果を持続させましょう。

日焼け止めの使用期限

日焼け止めは、量が多いと全部使い切れないことがよくあります。そのため、2年、3年と同じものを使い続ける人もいるようですが、長く置いていると徐々に品質が悪くなり、使用してもお肌に悪影響を与えることがあります。未開封のもので冷蔵庫に保存して2年、開封済みのものは1年を目安に使い切るようにしましょう。オーガニックの日焼け止めの場合は、開封済みのものは6カ月、未開封のものは1年というように使用期限が明示されているものもありますので、期限が気になる方は期限が明示されたものを選ぶといいでしょう。

(以上:ゆきこ)


情報はSSLによりセキュリティーで保護されています。 こちらから別ウィンドウで表示することもできます。
お送りいただいた個人情報は、厳正に管理し、上記内容に関するご連絡以外の目的では使用しません。
個人情報の取り扱い、著作権その他の注意事項の詳細については こちらをご参照ください。

参考になるご意見・情報を編集して掲載します
例えば・・・おすすめの商品・お店・メーカーブランドなどの情報こんな商品・買い物で失敗したという情報商品を買わないでも済む方法リサイクル・修理・お手入れなど環境や暮らしに役立つ情報こんな商品があったら良い・探しているので情報が欲しい・調べて欲しいその他の情報・モノガイドについてのご意見など

一般の方からの情報は口コミ情報として紹介します。商品やお店の評価をするには 協力者にご登録下さい。

モノガイドのガイド記事一覧
エアコンヘッドホンスピーカーカーナビ電池電子ピアノ・キーボード蛍光灯LED電球アイロン炊飯器加湿器健康・美容器具電子レンジ生ごみ処理機パソコンパソコンの処分方法プリンター・複合機冷蔵庫洗濯機掃除機スカイプ扇風機食器洗い機電気製品全般弁当箱コーヒーメーカーフライパンフードプロセッサー包丁浄水器まな板湯沸しポット食器用洗剤食器和食器洋食器キッチン用品全般ベッドブラインドカーテン本棚照明デスクライトオフィスチェアソファ食器棚テーブル&チェアインテリア用品全般洗濯用品・洗剤・石鹸ダストボックスバス用品布団ヘアケア用品消臭剤・芳香剤タオル生活雑貨全般バッグ全般吉田カバンマイバッグ運動とエコバッグ洋服の素材帽子靴のお手入れストッキングスーツケース腕時計下着ファッション用品全般ベビー用品自転車水筒文具カー・バイク用品化粧品日焼け止めファイリング用品ギフト歯ブラシ筆記具関連用品こたつ・こたつ布団シュレッダー手帳おもちゃその他の商品
サイト内検索

モノガイド内 Web全体
Powered by