HOME > キッチン > 包丁
 

包丁の選び方

包丁の切れ味ひとつで、料理も楽しくなります。

どこの家庭にでもある包丁。でも、いざ買い換えるとなると何を買えばよいか迷ってしまう人が多いのではないのでしょうか?切れ味がよく、用途にあった包丁は、料理をおいしくしてくれます。自分にあったものを選んで、料理の時間を楽しみましょう。

包丁の種類

大きく分けて洋包丁と和包丁がありますが、初心者におすすめなのは使いやすい万能包丁と呼ばれる三徳包丁(文化包丁)です。

万能包丁三徳包丁

三徳包丁(さんとくぼうちょう)別名 文化包丁 日本人向きにアレンジされた万能洋包丁で、野菜、肉、魚と何でも切れ、初心者の方におすすめ。

洋包丁

牛刀:牛刀
牛刀1本あれば、ほとんどの料理に使えます。主に肉類などに用いられますが、野菜やパンなど様々な用途に使われています。

ぺティナイフ:ぺティナイフ
やや小さめの洋包丁で、皮をむいたり、細かい細工などをするときに便利です。

和包丁

菜切り:菜切り
和包丁の代表格で、昔から愛用されてきました。その名のとおり、野菜などを切るのに向いています。

出刃:出刃
主に魚をさばく時に使われます。

サイズ

包丁は、大きさもポイントなので必ず手に取ってみて使いやすいものを選びましょう。使いやすいサイズは、用途によってまちまちですが、女性ですと刃渡り17〜19cmぐらいのもの、男性ですと、21〜24cmぐらいです。キッチンやまな板のサイズにもご注意下さい。

材質

切れ味なら鉄・鋼。サビがいやなら、ステンレスかセラミック

包丁の材質と言えば切れ味に優れた鉄・鋼が主流でしたが、サビに弱いという難点がありました。そこで、最近はサビない鋼材としてステンレス鋼もかなり使われていますが、切れ味については、鉄や鋼ほどではありません。また、最近では、金属を使わずセラミックスを使った包丁も登場しています。セラミックスの特徴は何と言っても硬いこと。切れ味が抜群である一方、その硬さから刃こぼれしたり、折れてしまう場合があります。

お手入れのポイント

一度買った包丁はできるだけ長く使いたいもの。切れ味を長持ちさせるためには、研ぐことももちろん、使用後のお手入れをきちんとすることがポイントです。

洗う  包丁を使い終わったら、すぐに洗うように心がけましょう。包丁がステンレスだとしても、塩分などが付いたままですと、サビの原因になるのでご注意を。

乾かす 洗い終わったあとに、すぐに水気を切り、包丁専用のスタンドなどに差して自然乾燥させましょう。

J欖 包丁の保管には、風通しの良いところを選びましょう。また、普段使わない包丁を保管する場合は、新聞紙などにくるんで、湿気のないところに保管しましょう。

(以上:こにし)